プレママ
2016/02/08
妊娠中は虫歯になりやすい!?オーラルケアをきちんとしよう

妊娠中のみなさん、お口のケアはきちんとしていますか?

私もそうだったのですが、妊娠中って間食が増えたり、歯磨き粉の匂いが気になったりして歯磨きがおろそかになりませんか?

加えて、妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)が増加して、歯周病菌が繁殖しやすくなる時期でもあるそうです。

そんなことを知らなかった私は、1人目を産んだ後、放置していた小さい虫歯が大きくなり、痛むようになってとても大変な思いをしました。
そのときに妊娠中の歯のケアがいかに大事か歯医者さんに教わり、すごく後悔した経験があります。

その経験を踏まえ、2人目のときはしっかりケアをして、虫歯を防ぐことができました。
やっぱり、毎日きちんとケアしてあげることが大切ですね。

妊娠中のオーラルケアには、口の中の刺激や匂いで気分が悪くならないよう、毛先の細い歯ブラシや低刺激の歯磨き粉、低刺激のデンタルリンスなどがオススメです。

そこで先日、キッズリパブリックとなみ店と倉敷店で、プレママから産後までおすすめのオーラルケア商品の取扱いを始めました。
商品そのものは、「マタニティ用」とうたっていませんが、私の経験も活かし、妊婦さんに優しい商品ばかり集めたので、きっと使いやすいものがそろっていると思います。

ママの虫歯は、ご自身が辛いだけではありません。
ママやパパが使ったスプーンなどをこどもが使うことで、虫歯の原因となる菌がこどもにうつるとされています。

つまり、「ママのお口の健康=こどものお口の健康」なんです。
こどもの健やかな成長を願っているママだからこそ、ちょっと億劫になるオーラルケアも、楽しんでいただけたらと思います。

今後もオーラルケアが楽しくなるアイテムをたくさん展開したいと思っています。
ご来店されることがありましたら、ぜひのぞいてみてください。