乳幼児ママ
2016/02/29
親子で手づくり! 季節の素材を使ったナチュラルインテリア雑貨

自然の中でゆっくりこどもと過ごせる公園は、我が家では定番のお散歩コース。

遊具で遊ぶのはもちろんですが、どんぐりや松ぼっくり、季節の草花を拾って、雑貨やおもちゃをつくることもこどもたちのお気に入りです。

これまで、定番のどんぐりゴマのほか、テープでデコレーションした容器にどんぐりを入れてガラガラをつくったり、カラー画用紙にどんぐりや草花を貼って絵にしたりと、色々なアイテムをつくりました。
そういえば、どんぐりに刺した爪楊枝を手足に見立てて、宇宙人として飾ったことも(笑)

こうして四季折々の素材で雑貨づくりにはげむ我が家ですが、今年はお花やハーブを使って、ネームボードづくりに挑戦しようと思います。

庭先に咲くチューリップやたんぽぽといったお花から、家庭菜園で育てているラベンダーやローズマリーをたっぷり用意して、コルクボードにぺたぺた貼ってつくる予定です。

カラフルで見た目も楽しく、植物のいい香りのするすてきなネームボードができれば、きっとこどもたちも喜んでくれるはず。
また、こどもたちに季節と植物の関係を知ってもらういい機会にもなってくれると思います。

自然素材でつくったアイテムは、独特のぬくもりがあって、インテリアとして重宝します。
つくる過程も楽しいし、つくり終わってからも親子で会話するきっかけになるのでオススメですよ。

四季折々の素材を使った雑貨づくり。
とっても楽しいのでぜひ一度、挑戦してみてください。