プレママ
2016/10/31
妊娠中の秋や冬のマストアイテム マタニティストッキングやマタニティレギンスで冷えを予防しよう!

明日から11月ということもあり、朝晩がとても冷え込むようになりました。
これからの季節、身体を冷やさないよう生脚で過ごすのは厳禁です。

私も出産が冬だったので、この時期は厚めのストッキングやレギンスを利用して、
身体を冷やさないようにしていました。

中でもとてもお世話になったのは、
お腹まわりがゆったりして、伸びるように作られているマタニティストッキング。
お腹まわりの血行を悪くしないようにできているので、
ストッキングの締め付け感が苦手なママでも安心して使えます。

それでも、どうしてもストッキングは苦手……という人がいたら、
マタニティレギンスを利用するのがいいですよ。
お腹まわりにゴムが入っていてサイズ調整できるので、
お腹が大きくなってくる妊娠後期でもはくことができます。

ただし、レギンスは足首~足先が冷えがちなので、
秋~冬は10分丈のレギンスなど丈の長いものを選び、
できるだけ足先を冷やさないようにしましょう。
普段の服装に合わせて、デザインや丈の長さ違いで数枚持っておくと、
コーディネートにも困らず便利です。

私はとても冷え性なので、こうしたストッキングやレギンスに加えて、
火を使わないタイプのお灸も活用していました。
寝る前や仕事中などに足の甲に貼って、血の巡りを良くするんです。
たったそれだけでも、けっこう身体がぽかぽかしてきます。

お灸はキッズリパブリックのお店でも産前・産後用品として置いているので、
もし足を運ぶ機会がありましたら店頭でもぜひご覧ください。

妊娠中は少し厚着かな…と思うぐらいがちょうどいいと思います。
これからの季節、気づかないうちに身体を冷やしてしまわないよう、
下半身の防寒対策をしっかりしてお出かけしましょう。