プレママ
2017/01/30
妊娠中の便秘を解消! 食物繊維と乳酸菌生成エキス“ラクティス”を活用して、お腹の調子を整えよう

なかなか人には言いにくい、便秘の悩み。
妊娠後期に入ってお腹が大きくなると、急に便秘に悩まされるようになったという人、
実はとっても多いんです。
私自身も妊娠中、便秘にはかなり悩まされました……。

プレママが便秘になりがちなのは、妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンの影響や、
お腹の赤ちゃんに腸が圧迫され、血流が悪くなることなどが原因といわれています。

しかし、ホルモンやお腹の赤ちゃんが原因となると、
なかなか対策をするのが難しいですよね。

そこで、せめて少しでも便秘をラクにしようと、私が心がけていたのが、
野菜で食物繊維を摂ること。
野菜には、便秘に効果的といわれる食物繊維が豊富に含まれているので、
便秘解消にもってこいです。

私の場合、2人目の出産予定日が冬だったので、
しょっちゅうお鍋をつくって野菜を食べるようにしていました。

お鍋はつくるのが簡単な上、野菜もたっぷり摂れ、
寒い季節に体を内側から温めてくれる優れもの。
暖かくなってくる春先や夏は、代わりに野菜スープをつくるのもいいですよ。

ちなみに、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」のもの、2種類があるそうで、
便秘解消には、それらをバランスよく摂ることが大切といわれています。
どちらの種類のものなのかを調べて、具材を選ぶのもいいかもしれませんね。

そしてもうひとつ、私が最近気になっている便秘解消アイテムが、
乳酸菌生成エキス「ラクティス」。

ラクティスは、無農薬有機栽培の大豆を使った発酵エキスで、
腸内環境を整える乳酸菌を増やす働きがあるといわれています。

私も最近飲み始めたところなので、効果を実感するのはこれからですが、
水や白湯で薄めて飲むだけと日常生活に取り入れやすい上、
妊娠中でも安心して飲めるのも、嬉しいポイントです。

このアイテムはママの中でもファンが多い、東京医科歯科大学名誉教授の
藤田紘一郎先生がメディカルアドバイザーを務めておられ、
店頭に出してすぐに「藤田先生だ!」と手に取る方もいらっしゃいました。

キッズリパブリック東戸塚店と広島府中店で取り扱っているので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

食べ物を工夫したり、乳酸菌生成エキスを活用したりして、
少しでも便秘を改善し、快適に過ごせるようにしましょうね。