プレママ
2017/03/20
腰痛や体調不良にもつながる出産後の骨盤のゆがみ 骨盤ベルトやガードルを使って美しい体型を取り戻そう

妊娠中から気になる方も多い、産後の体型維持。
先輩ママたちから「子どもを産んだら全然体型が戻らない」
「腰周りが痩せなくて……」なんて話を聞いて、
心配している方も多いのではないでしょうか。

体型維持は美容だけでなく、健康にも大きく関わる問題です。
特に出産時に開いてしまう骨盤は、ゆがんだままにしておくと
産後の体調不良や血行不良、腰痛の原因にもなるといわれています。

そのため、私も産後2カ月目くらいの時期に骨盤整体に行ったのですが、
時間もかかるしお金もかかるし……。
子育ても大変で、なかなかこまめに行くのは難しいです。

そこで活用したのが、出産で開いた骨盤を引き締めるのに役立つ
骨盤ベルトや骨盤ガードルなどのアイテムです。

これらは形やつけ心地が異なるものの、
どちらも身につけているだけで骨盤のゆるみやゆがみを改善してくれるもの。
私も骨盤パンツやニッパーを使い、骨盤矯正していました。

さまざまなメーカーからいろいろな商品が出ていますが、
なかでも私のおすすめはワコールの「産前&産後 骨盤ベルト」。

ワコールが日本助産師会と共同開発した骨盤ベルトで、
妊娠中の腰痛予防としても使えるという優れもの。

というのも、産前は出産準備に向けて背骨の筋肉がゆるんだり、
大きくなったお腹を支えるために上半身が後ろに反ったりして、腰痛になりやすいんです。
これなら産前も産後も使えるのでおトクですよね。

また、ワコールの「シェイプマミーガードル」もおすすめです。
産後1カ月から使えて、お腹のたるみを引き締めてくれます。
裏打ちで骨盤をサポートしてくれるのも魅力です。

ただし、こうしたアイテムを購入するときには「着用できる時期」に注意が必要です。
私も知らなかったんですが、骨盤は段階的に締めていくのが大切らしくて、
メーカーによっては産後の経過時期に合わせてラインナップをそろえています。
購入の際はきちんと確認して、自身のタイミングに合ったものを選びましょう。

健康だけでなく美容面でも、体型維持は産後の重要課題です。
骨盤ベルトや骨盤ガードルを活用して、産前の美しい体型を取り戻しましょう。