乳幼児ママ
2016/01/18
妊娠中や子育てのイライラにも! 生活に彩りを加えるアロマテラピー

皆さんは、生活の中で香りを楽しむ習慣はありますか?
私はアロマテラピーアドバイザーの資格をとったのをきっかけに、日々の生活にアロマを取り入れるようになりました。

そこで今日は、私がどんな風にアロマを楽しんでいるか、ご紹介しようと思います。

まず自宅では、コンセントに差し込むタイプのアロマや、容器に入れてスティックを挿しておくだけのものなど、色んなタイプのディフューザーを各部屋に用意して、お部屋に合わせて香りを楽しんでいます。

例えばリビングでは、この時期は「ティートゥリー」という香り。
あまり聞いたことのない名前かもしれませんが、清涼感のあるクリーンなアロマです。

病院の消毒液にも似た香りで、これを炊いておくだけで、子どもたちの風邪予防になっている気分になるんですよね。

それでも風邪をひいてしまったときは、ユーカリの香りの出番です。
これは風邪用の塗り薬にも使われる香りで、嗅ぐとスーッと鼻が通るような心地いい気分になります。

もしお子さんが風邪をひいてしまったら、枕元でこの香りを炊いてあげてください。
鼻が楽になって、寝苦しさを解消してあげることができます。
ミストが出るタイプのディフューザーなら、乾燥予防にもなるので、なおおすすめです。

それから職場では、パソコンのUSBに挿しておくタイプのものを使っています。
私は、アールグレイの香りで有名なベルガモットが大好きなのですが、こうした柑橘系の香りは万人ウケするので、いろんな人がいる職場にぴったりです。
誰かにプレゼントするときは、柑橘系の香りを選ぶと失敗がないと思います。

アロマオイルって、いろんな香りがあって、初めて使う方には「どの香りを選んでいいかわからない」ということも多いのではないでしょうか?

でも、そこは難しく考えなくてOK。
お子さんやあなたが、「いい香り!」と思うものを選べばいいのです。

子育て中や妊娠中って、思い通りにいかないことも多くてイライラしたり暗い気分になっちゃうことも多いですよね。
そんなときに好きな香りを嗅げば気分転換にもなって、毎日気分よく、過ごせると思います。

「好きなときに好きなアロマを嗅ぐ」このくらいシンプルな考え方で、アロマを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?