乳幼児ママ
2017/05/08
ゴールデンウィーク後に感じやすい子育ての不安 ストレスや孤独感は一人で抱え込まず、助産師さんに相談しよう

ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?
貴重な大型連休ということで、おじいちゃんやおばあちゃんなど、
家族と一緒に過ごしたという方も多いのではないでしょうか。

こうして長い時間、みんなでワイワイ過ごしたあとは
ふいに寂しくなったり、心細い気持ちになったりしますよね。
ゴールデンウィークの間、家族のサポートがあったママにとっては
連休後は急に赤ちゃんと二人だけで過ごす時間が増えるので、
不安やストレスを感じやすいタイミングです。

こんな風に不安になったり、イライラが募っていると感じたら、
一人でガマンせず、周りを頼ってしまいましょう。
身近にいる旦那さんや友達に話すのが一番簡単ですが、
電話で両親に相談するのもいいと思います。

子育てはママにとっても初めてのことだから、一人でがんばらなくてもいいんです。
誰かに気持ちを吐き出すだけでも、心がラクになったり
「また明日からがんばろう」と思えたりしますよ。

けれど、身近な人にはなかなか話しづらいとか、
誰に相談したらいいのかわからないこともたくさんありますよね。
そんなときは、助産師さんに相談してみるのはいかがでしょうか。

助産師さんは、ママの心と体をサポートしてくれる心強い存在。
お産のときだけでなく、産後もママが楽しく育児をするために
さまざまな角度から一緒に解決策を考えてくれます。
出産や育児についての専門的な知識もあるので、とっても頼りになりますよ。

「周りに相談できる人がいなくて、毎日不安だらけで育児をしている」、
「疲れて帰ってくるパパに、赤ちゃんのお世話を頼みにくい」など、
「こんなこと相談していいのかな?」と思うようなささいなことも、
助産師さんになら話しやすいと思います。

助産師さんには、産婦人科や保健センター、自治体の相談会などでも会えますが、
実はキッズリパブリックでも、店舗によって毎週決まった曜日にきてくださっています。
東戸塚店には毎週水曜と日曜、広島府中店には毎週金曜にいらっしゃるので、
気軽に声をかけてみてくださいね。

子育ては、一人では難しいもの。
「相談できる相手がいない」と悩んでいるママは、一人で抱え込まず、
周りの人や専門家の助けを借りて、少しでも心を軽くして過ごしてくださいね。